スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'01.10 (Mon)

相葉雅紀のレコメン(5/14)A-1GP最強決定戦

レコメンレポ(5/14)A-1GP最強決定戦

気がついたらこの放送の3日後は私の誕生日でした
関係ないけど一応書いておこう
今回のナンバー1も楽しかったです

間違ってるところもあると思うので転載はご遠慮下さい

見たい方だけ続きを見てね 




【More】

やべぇ目が充血してる、ラジオです、あッそっか
嵐・相葉雅紀のレコメンアラシリミックス



★A-1GP最強決定戦★


あなたの周りの最強なものを紹介するコーナーです
たくさんきてるんで紹介したいと思いますけども

岐阜県のですねごんちゃん
私のお弁当箱は、父50歳が中学時代から使ってるものです、周りの友達はいまどき可愛いお弁当箱なのですが、私だけかなりねんきの入った弁当箱です、でも昔から使っていただけあって、この弁当箱で食べると凄く美味しく感じるんですと

相葉ちゃん
「おーいいですねこれは」

ちかさん
「きっとあの金属製の」

相葉ちゃん
「あー俺ちっちゃい頃そうだったな」

ちかさん
「アルミよりもうちょっと」

相葉ちゃん
「あれさお弁当、あれストーブとかの上に置いてあった」

ちかさん
「そうそう、あのまんま暖めたり出来ますよね、だからプラスチックの弁当箱には出来ない技ですよね」

相葉ちゃん
「そうですよね、あれ俺もやりましたよ、何かアニメの絵が描いてあった、あのチェンジマンかな?筋肉マンかな?あーなんだっけな、何か」

ちかさん
「漫画のキャラクターつきのやつもありましたよね」

相葉ちゃん
「つきの、そうなの、そうそうカンカンのやつ」

ちかさん
「きっとこのお父さん使ってたやつ」

相葉ちゃん
「あ、お父さんだからあれじゃない?あしたのジョーなんじゃない?」

ちかさん
「いえいえいえキャラなしだと思いますよ」

相葉ちゃん
「キャラあるって、あしたのジョーじゃない?違う?」

ちかさん
「いえまぁまぁギリギリ50歳くらいだと、あのもうね鉄腕アトムだとか」

相葉ちゃん
「ちかさん的、あーアトムね」

ちかさん
「ウルトラマンとかもありましたけど、既に中学時代だから大きな弁当箱だから幼稚園用じゃないですよ」

相葉ちゃん
「巨人の星とか」

ちかさん
「漫画とかない」

相葉ちゃん
「あははは、何処まで知ってんの、このお父さんの事」

ちかさん
「もう部活の時にでかいの持っていって、で午前中から早弁するんです、お父さんがね」

相葉ちゃん
「ガシガシやってたやつだ、そっか」

ちかさん
「たくさん食べて下さい」

相葉ちゃん
「なるほど、でもいいですよね、これそのごんちゃんの子供なで「いって欲しい弁当箱だと思いますけどね」

ちかさん
「壊れないですからね」

相葉ちゃん
「大事に使ってくれればいいなと思います、続いていきます」


石川県のペンネームMonsterいい曲さんから頂きました
私は約150年前に建てられた家に住んでいます、勿論改装はしてあるんですが柱とかめちゃくちゃ太いです、たまに観光客の人が家の前で写真とったりしています、これって最強じゃないですか?

相葉ちゃん
「これ凄いですね」

ちかさん
「凄いですね、逆にもう150年丈夫なまんまって事は相当丈夫ですよ」

相葉ちゃん
「でも昔のさ建てられたものとかってさ、今なんだ?耐震性ってなんだかんだ言ってますけど、やっぱそれなりにやっぱ丈夫なんですね」

ちかさん
「そうですよ、だって150年前って言ったら江戸時代ですよ」

相葉ちゃん
「江戸時代ですか?」

ちかさん
「そう」

相葉ちゃん
「え?江戸時代ってなんだっけ?」

ちかさん
「つまりあの明治維新からまぁ143年くらいでしょ?」

相葉ちゃん
「江戸時代?」

ちかさん
「だから江戸時代ですよ」

相葉ちゃん
「江戸時代ってなんだっけ?」

ちかさん
「江戸時代ってまだ徳川幕府の時代ですよ」

相葉ちゃん
「あーはいはいはい」

ちかさん
「武士のぜい人の時代って事ですよ」

相葉ちゃん
「凄いね」

ちかさん
「だから金沢藩なのかなんなのかお屋敷なんでしょきっとね、もう関東大震災でも戦争でも壊れなかった家ですよ」

相葉ちゃん
「これ凄いですよ、これ凄いわ」

ちかさん
「凄い」

相葉ちゃん
「それこそこれはもう」

ちかさん
「柱めちゃくちゃ太いです」

相葉ちゃん
「でその柱にはいっぱい線が刻んであるんですよ、いろんな子供が成長していくにつれてこう」

ちかさん
「あ、背比べみたいな」

相葉ちゃん
「そう、やってるんじゃない?」

ちかさん
「刀傷、そんなのはないか」

相葉ちゃん
「刀傷あんのかな、刀でやってたのかなそれ、俺今でもおばあちゃん家とか行って柱見ると懐かしいと思うわけですよ、自分のその身長のところに線ひいてさ」

ちかさん
「そうですね、ちょっとまぁ古くなると改築、改築とか言うけど、そこを我慢すると素晴らしい、みんなが褒めるような、わー素晴らしいってなるわけじゃないですか古いってね褒め言葉になるんじゃないですかね、ちょっと古く、まぁ長持ちするかの問題はありますけどね」

相葉ちゃん
「そうですね」

ちかさん
「壊れちゃったらね、しょうがないですからね」

相葉ちゃん
「それはでも嬉しいですよ、あの、ね大きくなってさちっちゃい時背をあわしてた柱が未だに残ってるって言うのは嬉しいですけどね」

ちかさん
「150年の子供と背比べしてんですか」

相葉ちゃん
「してるんでしょうね、何本も線があるんでしょうねそこにはね、いやーいいですね、続いていきましょうか?ちかさんいこう」


はい、奈良県のペンネーム
マツジュンが雑誌で相葉くんの事をマーと呼んでたのを見てからマー呼びにはまってますって事で、マー、はいマーって呼ばれてんですか?、マーってまぁ呼ばれますね
マー、ちかさんこんあいば。私には最強の友達がいるんです、その友達は学校に行くため電車を待っていたそうなんです、電車がきたので普通に乗ろうとしたらおじさんに忘れてるよと言われたらしいんです、その友達が振り返るとホームにランドセルが置いてあって、おじさんはそれを指さしたと、友達は高校2年生だし高校の制服を着てるのに小学生に間違えられたと

ちかさん
「そこにおいてあったランドセルをその子のんじゃないわけですよ、おじさんにほら忘れてるよと言われた、小学生だと思われてランドセルをそこに置きっぱなしで電車に乗ろうとしてると思われたらしいんですよ」

相葉ちゃん
「私の童顔は最強でしょって事?」

ちかさん
「そうですね、もしくはこのおじさんの」

相葉ちゃん
「おじさんの」

ちかさん
「おじさんのおっちゃこちゃいぶりも」

相葉ちゃん
「最強でしょって?」

ちかさん
「うん、どっちなんでしょ?」

相葉ちゃん
「俺多分ね、その彼女がわりと童顔なんじゃないかなと思いますよ、と言うのは、あの高校生だとしてもその何て言うのセーラー服みたいな小学生でも私立の子は制服あるじゃないですか?


ちかさん
「そうですね、まぁブレザーでもあるしね」

相葉ちゃん
「あるよね、で電車に乗って行ったり来たりしてる小学生の子もたくさんいると思うんですよ」」

ちかさん
「そうですよね」

相葉ちゃん
「でちょっと大人っぽい小学生だなっておじさんもちょっとおっちょこちゃい気味になっちゃって、と言うことじゃないの?」

ちかさん
「そのランドセル誰が置いていったんでしょう」

相葉ちゃん
「そこにね」

ちかさん
「そこに」

相葉ちゃん
「ランドセルを忘れるって言う、そんなおっちょこちょいっているかね、あッ一番おっちょこちょい、その人だランドセル忘れたやつ」

ちかさん
「そいつ最強ですね」

相葉ちゃん
「そいつ最強だね、これ最強なのはランドセル忘れた子にしようよ」

ちかさん
「はい」

相葉ちゃん
「最強そのこ」

ちかさん
「最強」

相葉ちゃん
「続いていきます」


埼玉県の相葉ちゃんラブあーちゃんアンドみーさんから頂きました、有難うございます、あーちゃんアンドみーちゃん
私の親友が最強です、髪の毛がとても長く髪1本の長さを測ってみたら64センチもありました、これって最強じゃないですか?

相葉ちゃん
「64センチ、どれくらいだ」

ちかさん
「A4の紙をたてに開けた」

相葉ちゃん
「2枚」

ちかさん
「よりも長いんじゃないですか?」

相葉ちゃん
「あー相当長いですよ」

ちかさん
「長いですね」

相葉ちゃん
「ちかさんのその胴の長さと顔の大きさと」

ちかさん
「何か凄い言われようですけども」

相葉ちゃん
「うははは、ちかさんの胴の長さと顔の大きさを比べても、だって胸から下にいくじゃないですかって事はもっと骨格のちっちゃい顔のちっちゃい綺麗な子だったら、全然腰とかまでいってんじゃない?」

ちかさん
「いや、下手するとパンツ中に毛先とか入るかもしれないですよ」

相葉ちゃん
「かもしんないですね、でもたまにいますよねケツぐらいまである人」

ちかさん
「そうですね」

相葉ちゃん
「あれぐらいの話なのかな」

ちかさん
「あとご婦人やおばあさんでは、長い髪を団子にして頭にのっけてる人もいますからね」

相葉ちゃん
「黒柳さんみたいなことですか?」

ちかさん
「はい、僕あの近所のおばあちゃんが、いつもそうゆう頭にぽこっと団子みたいに乗っけた頭にしてて、ある時もの凄い風呂がえり、銭湯帰りのそのおばあちゃんを見たら、それこそ尻くらいまで髪があったんでびっくりしたことあります」

相葉ちゃん
「あー」

ちかさん
「このおばあさん、こんなに髪長かったんだみたいな」

相葉ちゃん
「髪そこまで長いって乾かすのすげぇ大変だろうね」

ちかさん
「あ、シャンプーとかコンディショナー使う量も半端じゃないですよね、髪長いとね」

相葉ちゃん
「あーそうかもしれないですね」


はいと言うことでこれって最強だというものがあったら、このコーナーまで送って下さい、以上A-1GP最強決定戦でした




凄い最強ありましたけども
相場ちゃんのトークがめちゃくちゃ可愛くって
そっちに気がいっちゃってます
では続いておしえて相葉ちゃんですよ
しばらくお待ち下さい


テーマ : 相葉雅紀 - ジャンル : アイドル・芸能

17:54  |  相葉雅紀のレコメン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://masakilove1224.blog44.fc2.com/tb.php/2256-58d67ff4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。