スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.20 (Thu)

相葉雅紀のレコメン(2/19)おしえて相葉ちゃん

レコメンレポ(2/19)おしえて相葉ちゃん

今回もいろんな事お話してくれました
バスケ部の話もしてくれましたしね

★間違ってるところもあると思うので転載はご遠慮ください

見たい方は続きをクリックしてね 
尚、このレポはかなり遅れています、ご了承ください



【More】



パイオツカイデーな、デルモーチャンネーもきいてる、マジで?
嵐・相葉雅紀のレコメンアラシリミックス



★おしえて相葉ちゃん★


みなさんからのメール・お葉書で頂いた質問にどしどし答えま~す
今週もきてるんでいきたいと思います


えー奈良県のゆりちゃんから頂きました
私はもうすぐ中学3年生になります、3年生になったら受験とかで学校生活を楽しむ時があまりないと思うので、2年生のうちに楽しんでおきたなと思います、えー相葉ちゃんは中学校生活でやり忘れた事ややればよかった事ってありますか?又これはやってて良かったと思うことありますか?

相葉ちゃん
「部活じゃない?何か部活の思い出って凄くあのー何年経っても覚えてる気がするな」

ちかさん
「うん」

相葉ちゃん
「何かやってんのかなゆりちゃんは、バスケット部だったんですけどひとつ、ひとつ年に1回ぐらいづつさ大きい大会があったりするじゃないですか?そうゆうのやっぱり覚えてるもんな、中3の時は出来なかったんですけど最後の大会は、でも中1中2は出てた気はしますね」

ちかさん
「その地域でね、千葉の何区とか」

相葉ちゃん
「県大会とかね」

ちかさん
「はーあれ結構行ったんですか?その最初千葉市からはじまって千葉県大会までいったんですか?」

相葉ちゃん
「行ってないですよ」

ちかさん
「おー目指していたと」

相葉ちゃん
「そうですね、そんなのとかも結構楽しかったですね」

ちかさん
「うん、えーバスケ部の時は」

相葉ちゃん
「うん」

ちかさん
「結構得点決めるほうだったんですか?」

相葉ちゃん
「いやもうエースストライカーですよ」

ちかさん
「エースストライカーですか?」

相葉ちゃん
「はい」

ちかさん
「じゃ1試合20点くらいは決めちゃう感じですか?」

相葉ちゃん
「まーざっと」

ちかさん
「ざっと」

相葉ちゃん
「うははは、解んない覚えてないけど、ただね中1の大会の時にね試合中に俺鼻血出したの俺すげえ覚えてるんですよ」

ちかさん
「はーぶつかって?」

相葉ちゃん
「そうディフェンスしてて、もの凄いなんか雑なパスを相手がしたの、でそれが顔面に当たって、この距離だよ、でこの距離で俺が詰めていたら、そいつがそのテンパって遠くに投げようとしたのが思いっきり顔面にぶつかって、で鼻血出したから両鼻はら出たんですよ鼻血が、でその鼻血を出しながら交代なしでやった気がする」

ちかさん
「いや一応何か詰めないと駄目でしょ?」

相葉ちゃん
「いやーもう拭いて、で垂れてくるから詰めましたよ、詰めながらやった」

ちかさん
「両方詰めながら」

相葉ちゃん
「超苦しいですけども」

ちかさん
「口で息しながら」

相葉ちゃん
「息しながらやった思い出ありますね、俺だから部活に必死になると思い出が残ると思いますよ、はい続いていきます」


熊本県ラジオネームふみえもんさんから頂きました
私は春から保育園の先生になります、しかしカエルとか虫とか触れません、子供が捕まえてきたら絶対キャーと言って逃げてしまいそうです、相葉ちゃんカエルとか虫とかどうすれば触れるようになりますか?子供の気持ちにこたえたいので教えてください

相葉ちゃん
「どうしたら触れるんだろうな、段々大人になるにつれてやっぱり触れなくなってきちゃうんだよね」

ちかさん
「まー触れない人はきっと触れないでしょうね」

相葉ちゃん
「でも子供の時触れたのが触れなくなったりしない?今だってカエルとかも結構勇気いるもん触るの」

ちかさん
「そうね確かに子供の方がカエルなんかね」

相葉ちゃん
「どうやったら触れるようになあるんだろう」

ちかさん
「でもホント、カブトムシなんかも怖くて触れないって言う人いますからね、全然怖くないから」

相葉ちゃん
「だからさそうゆう先生もありじゃない?」

ちかさん
「保育園の先生ね」

相葉ちゃん
「うん、ギャーって言ってる先生、もう何かそのキャラクターとしてさ」

ちかさん
「キャラクターとしてね」

相葉ちゃん
「うん個性としてさありなんじゃないかなと思いますけどね、逆にこう子供たちが先生を追っかけまわすみたいなさ、それでそうすると子供たちのこう期待にこたえるみたいなことに繋がるんじゃないかな、だからそうゆう先生になってほしいな、そうしよう、ね」

ちかさん
「みんな触れないよ」

相葉ちゃん
「そう今の子供も触れない、そう思う」

ちかさん
「子供も触れない」

相葉ちゃん
「そうしよう、続いていきます」


庫県のさきちゃん
もうすぐ体育でテストがあるんですが、その内容が平均台の上で側転をしないといけないんです、えー側転自体を上手く出来ないのに平均台の上だと凄く怖くて余計出来ません、側転のコツなどあったらおしえてください

相葉ちゃん
「平均台の上で側転って相当難易度高いよね」

ちかさん
「難易度高いよね」

相葉ちゃん
「高いよこれ」

ちかさん
「えーだって危ないですよ、普通の床の上で」

相葉ちゃん
「出来ない」

ちかさん
「出来ないのだったらやめたほうがいい」

相葉ちゃん
「出来ないよ」

ちかさん
「もうそんな危険な橋を渡ってまで成績とらなくていいです」

相葉ちゃん
「そこは怪我しちゃうから諦める」

ちかさん
「そうですよね」

相葉ちゃん
「うん、まずだから地面で出来るようになったらいこうよ」

ちかさん
「そうですね床の上でね」

相葉ちゃん
「そう、平均台ってもの凄く細いからね」

ちかさん
「あともの凄く低くしてもらいましょうか?平均台をね」

相葉ちゃん
「あー怪我しない程度にね」

ちかさん
「で周り平均台と一緒の高さにマット積んでもらう周りに」

相葉ちゃん
「平均台の意味がない、それ地面だよ地面」

ちかさん
「いやいや」

相葉ちゃん
「それくらいの」

ちかさん
「そうそうそう」

相葉ちゃん
「やっぱり怪我する事が一番よくないですよ、それでもし骨折とかしちゃった日にはね大変ですから」

ちかさん
「そうそう、だから平均台とぴったりつけてマットを積んで」

相葉ちゃん
「でやってもらおうか」

ちかさん
「やってもらおう」

相葉ちゃん
「それで」

ちかさん
「マットの上に落ちたらあー駄目って言ってもらえばいいんだから」

相葉ちゃん
「そうですよね、そしたら危なくないですよね」

ちかさん
「ええ」

相葉ちゃん
「それでは次いきますよ、最後です」


山形県のペンネーム相葉ちゃんの子供になりたいさんから、9歳の方から頂きました
この前相葉ちゃんは子供の時家で孔雀を飼っていたと言ってましたが、僕のお父さんは子供の頃家でダチョウを飼って卵を食べていたそうです、お母さんの家には鷹がいた事もあったそうです、僕らは羨ましいのですが、どちらも気が強いのでもう飼わないと言ってました、相葉ちゃんが飼った事がある中でこれがいいよって言う動物はありますか?

相葉ちゃん
「基本的にはないよね、この動物やめたほうがいいよって言う動物はいないと思うんです、どれも何?愛情注げばかえってくるものだと思うので」

ちかさん
「そうですね、ダチョー・鷹」

相葉ちゃん
「家で鷹飼ってたら超あれだよ、何?スター?」

ちかさん
「スターですね」

相葉ちゃん
「あいつん家鷹いるよみたいなさ」

ちかさん
「鷹ちゃんと飛ぶやつですかね、鷹匠みたいな感じですか?こうやって腕にとまらせて森かなんかに行って」

相葉ちゃん
「でしょうね」

ちかさん
「ファーっと飛ばせて、あれ狩に使うんですよね」

相葉ちゃん
「鷹ですか」

ちかさん
「鷹で何かうさぎ採りとかさ」

相葉ちゃん
「やめといて良かった動物っているかな?飼うのが難しいのは,ちょっとやめといたほうがいいかもね」」

ちかさん
「そうですね、よくあのカメでこうでっかくなるカメ飼ってる人いるじゃないですか?家で」

相葉ちゃん
「家にいますよ」

ちかさん
「あれ」

相葉ちゃん
「リクガメ」

ちかさん
「リクガメって飼ってるの?」

相葉ちゃん
「飼ってる」

ちかさん
「あれさ何か最初小さくて、えーそんなにでかくなると思わずに飼って、飼えなくなって飼えるところにすみませんってなきつく人がいるって言うのがこの間みたんですよ、なのでどのくらいデカくなるか、どんなに大変だって言うのを覚悟して飼った方がいいですよね」

相葉ちゃん
「うちのは」

ちかさん
「ええ」

相葉ちゃん
「まー何拳を2つ分くらいの大きさからはじまって、今ねこう両手でこう伸ばしたくらいの大きさですね」

ちかさん
「じゃトイレの様式便器くらいの大きさですね」

相葉ちゃん
「パカッて開いて、開かんわつって、でそれが今あの倉庫、おじちゃんおばあちゃんの」

ちかさん
「専用の部屋を与えられてるわけですね」

相葉ちゃん
「部屋ですね言ったら」

ちかさん
「いや専用の部屋がないと無理らしいですね」

相葉ちゃん
「無理ですね、あれね水槽で飼おうとしたらホントに多分水槽割るね大きくなりすぎて」

ちかさん
「って言うか一つ部屋与えないと駄目って言ってましたね」

相葉ちゃん
「うん」

ちかさん
「で一部屋与えても要するに壁にそってガリガリ何か甲羅で壁を削りながら進みだして壁がボロボロになるらしいんですよ」

相葉ちゃん
「そうですね、、ちゃんとこう設備があれば、そうゆうのがあれば飼った方がいいかもしれませんね」


と言うことで以上おしえて相葉ちゃんでした
ここで1曲聴いてください、嵐で 揺らせ、今を



早くレポ出来るように頑張ってます
次はお茶濁し博士の豆知識~エンディングですよ
しばらくお待ちください 




テーマ : 相葉雅紀 - ジャンル : アイドル・芸能

00:01  |  相葉雅紀(相葉ちゃん)  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

No title

相葉ちゃんのどこが好きですか?
けして、嫌いではないので!
嵐 | 2010年05月26日(水) 16:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://masakilove1224.blog44.fc2.com/tb.php/2052-44d73bb9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。