スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.23 (Mon)

「マイガール」第6話レポ

遅くなっちゃったけどマイガール第6話レポしちゃいます

途中でやめようかなとか思ったんだけど
コハルちゃんと正宗くんを見てたら書きたくなっちゃった

お相撲さんの正宗くん格好よかったです・・・コハル

見たい方だけ見てね Wはぁと


【More】



(僕の周りには自分の道をしっかり歩いてる人達がいる・・・そして僕も「ねぇコハルちゃん、僕ちょっと写真頑張ってみようと思うんだ」ようやく自分の道が見えてきた気がする)

★けん玉の練習をするコハルちゃん正宗はその姿をカメラに
正宗「随分熱心だね」
コハルちゃん「よもや先生のお星様が欲しいから」
正宗「お星様?」
コハルちゃん「はい、コハルはまだ折り紙とあやとりしか出来ないんです、だからけん玉も頑張ります」
正宗「うん、頑張ってね」
(自分自身のあしどりはまだまだおぼつかなくて、だからいつもまっすぐ前を向いて歩いてるコハルちゃんが僕には少し眩しい)

マイガール流れます

★大家さんの喫茶店でけん玉の練習
コハルちゃん「大家さん、どうやったら出来るようになりますか?」
方法は出来るできると信じる事だと
正宗「コハルちゃん、ここで待たせてもらう?」
自転車の調子が悪くて修理に出しにいくという
正宗「コハルちゃん行ってくるね」
コハルちゃん「いってらっしゃい」

★たかちゃんの店で同級生が来てました
幼馴染の同級生から結婚式の招待状をもらったたかちゃん
自転車を修理してもらうために来ていた
そこに正宗が入ってきたが彼女は帰っていった
正宗「新しい彼女?」
高志「違うよ、高校の同級生の倉田菜摘」
正宗「倉田菜摘ねえねぇ、その名前聞き覚えあるんだけど・・・思い出した倉田菜摘ってたかちゃんの高校の時の片想いの女の子じゃない?結婚するんだ」
高志「結婚式の招待状もらっちゃいました」
正宗「えったかちゃん、まだ好きだったの?・・・元気出しなよたかちゃん」
腹いせに合コンに行くらしい
失恋に苦悩する男の横顔をカメラに
自分の写真誰かに見てもらってるのか聞かれ戸惑う正宗

★家で写真のチェック、コハルちゃんはけん玉練習
コハルちゃん「お写真いっぱい撮れましたね、正宗くんすごいです」
正宗「凄くなんかないよ、へたくそだし」
コハルちゃん「でも綺麗なお写真いっぱい」
正宗「駄目なんだ、こんなんじゃ全然」
悩む正宗を心配そうに見つめるコハルちゃん

合コンの途中で高志は彼女の婚約者を発見(別の彼女といた)
会社では先輩の木村さんがフォトコンテストに応募するらしい
正宗は応募するか聞かれるが失敗を恐れて出さないという

★保育園ではなにやらイベントあるらしい
コハルちゃん「ともや先生これ何ですか?」
ともや先生「これはね相撲大会のお知らせだよ」
コハルちゃん「相撲大会?」
ともや先生「そう結構大きな大会なんだよ、誰でも出られる」
コハルちゃん「正宗くんも?」
ともや先生「もちろん」
コハルちゃん「出てくれるかな?」
ともや先生「聞いてみたら?服装も運動できるものだったら何でも構わないから」
コハルちゃん「はい」
しんたは父親がいないからがっかり
ともや先生と相撲をとって相手してもらった

★会社で何でフォトコンテストに出さないのか林さんに聞かれる
正宗「出したい気持はあるんです、まだそのレベルに到達してないって言うか、もう少し勉強しないと」
林さん「なるほど、お前も少しは成長したな」
その言葉に喜ぶ正宗だったが
林さん「言い訳がうまくなったよ」
正宗「えっ?」
林さん「そんなに恐いのか・・・あんまりいい訳上手にはなんなよ」
またまたショックを受ける正宗

★たかちゃんのお店に自転車を取りにきた彼女
婚約者が別の女の人といたのを話す
しかし彼女の意思は固かった
周りの人にお祝いしてもらって今更後にはひけない
そんな彼女を見て高志は悩む

★正宗の家で夕飯の時の会話
正宗「相撲大会?」
コハルちゃん「はい、みんなのお父さんもいっぱい出ます、正宗くんも」
正宗「ちょっと待って、コハルちゃん僕そうゆうの苦手なんだ」
コハルちゃん「そうゆうのって」
正宗「だから勝負みたいなやつ、子供の時からさ得意じゃなくて」
コハルちゃん「得意じゃないと出ちゃいけないんですか?」
正宗「そうゆう訳じゃないんだけど、今仕事が忙しくて疲れてるから」
コハルちゃん「そうですか」
正宗「ごめんね」
コハルちゃん「お仕事大変ですから仕方ないです」
正宗は出ない事に後ろめたさを感じてた

★会社で相撲の話を言う正宗
木村さん「面白そう、そりゃ出りゃいいじゃん」
正宗「嫌ですよ、でたって負けちゃうし」
無理やり相撲をとる木村さん
そこに林さんがやってきた
自乗を説明する木村さんだったが
正宗はコハルちゃんをがっかりさせたくないという

★保育園でけん玉の練習するコハルちゃん
ともや先生「頑張ってるね、でもそんなに練習したら疲れちゃうでしょ?少しお休みしたら」
コハルちゃん「もう少しで出来そうだから、先生正宗くん相撲大会には出ないって」
なんだか寂しそうでした

★保育園の別の場所ではるかさんと正宗くんが相撲の話を
はるかさん「そっか笠間さんは出ないのか、意外とあれ頭痛いのよね」
正宗「はるかsなんも?」
はるかさん「しんたがね、ほんとは出てくれるお父さんが欲しいのよ、それがわかるから、去年はね私出るって申込んだの」
正宗「えっ出るって」
はるかさん「断られた、女の子はいいけど大人の女は駄目だって」
正宗「さすがに女性には難しい気が」
はるかさん「そう?別に国技館に出せって言ってるわけじゃないんだし、結構やる気満々だったんだけど」
正宗「しんた君は幸せですね、はるかさんみたいな人がお母さんで、僕は駄目です、いつからなんでしょうね恥をかくのが恐くなったの」

★相撲大会の貼紙を見てるコハルちゃん
しんた「コハルの父ちゃんでんのかよ、出ないのか、お前の父ちゃん弱そうだもんな」
コハルちゃん「そんなことないもん」
しんた「弱いから出ないんだろ、だせぇ父ちゃん」
コハルちゃん「違うもん」
しんた「何が違うんだよ」
コハルちゃん「正宗くんは、正宗くんはお仕事が大変で、それで」
後ろで聞いてたはるかさんと正宗くん
正宗くんに頭を下げるはるかさん
正宗くんは首を振りいいよって感じでした
正宗「コハルちゃん、帰ろうか」
コハルちゃん「はい」元気のない返事でした

★正宗の家でコハルちゃんがお休みしてるところに高志が正宗、今日は飲むぞと言ってやってきた
片想いの彼女の事で荒れてた
婚約者が別の女性と付き合ってるからだ
それを解ったうえでの結婚で納得がいかない
正宗「彼女が結婚するって言ってんだから仕方ないじゃん」
高志「仕方ないとか簡単に言うな」
正宗「しょうがないでしょ、結婚式もうすぐなんだったら」
高志「そんなもん、いざとなったら俺がぶっつぶしてやるんだよ」
正宗「無茶だよ、そんなことしたら駄目だよ」
高志「なんで」
正宗「大顰蹙かうよ、それに周りの人にいっぱい迷惑かけるしさ、もうさ高ちゃん大人なんだからさ」
高志「大人とか子供とか関係ねえだろ」
正宗「しー、起きちゃうよ」
高志「自分だけ守って安全に生きてる奴を大人っていわねぇんだよ、そうゆう奴はさ臆病者って言うの、俺はさ大顰蹙かおうが大切な人守りたいね、後悔したくないからさ誰かさんみたいに、陽子さんだってさお前がなりふり構わず会いに行ってりゃさ」
コハルちゃんが起きてきちゃった
正宗「ごめんね、コハルちゃん起きちゃった」
高志「ごめんね、俺帰るわ」
正宗「コハルちゃん、待ってて」
帰ろうとする高志を追いかけ家の玄関で
正宗「俺だって自分が臆病者だって解ってるよ、でもみんなが高ちゃんみたいに生きられるわけないよ」
高志「そうやって色んなものから逃げてるんじゃないか、お前はいいやつだけど時々がっかりするよ」

★次の日の朝コハルちゃんけん玉練習に必死
正宗「コハルちゃん、ご飯出来たよ、コハルちゃん朝ごはんだよ」
コハルちゃん「もう少し」
正宗「コハルちゃんは凄く頑張ったと思うよ、たとえ出来なくても僕がお星様あげるから」
コハルちゃん「コハルだけなんです」
正宗「えっ?」
コハルちゃん「けん玉出来ないの、お友達の中でコハルだけなの、コハルできるようになりたいです」
正宗「コハルちゃん」
ここで正宗の気持が変わった

相撲大会にでる決心がついた
練習を先輩にお願いしてトレーニングに励む正宗

★家でトレーニングしてると
コハルちゃん「正宗くん何やってるんですか?」
正宗「足腰鍛えてるんだよ、会社の先輩に言われて」
コハルちゃん「何て」
正宗「相撲は足腰が大事なんだって」
コハルちゃん「相撲大会に出るんですか?」
正宗「1回戦ぐらいは勝たないとね、頑張るよ」
コハルちゃん「コハルも頑張ります」

★相撲大会の会場にて
正宗くんに肩車されてるコハルちゃん
コハルちゃん「正宗くん、いっぱいいますね」
正宗「うん」
コハルちゃん「正宗くん、頑張ってくださいね」
順番待ちしてるとき
正宗「コハルちゃん、ちょっとだけ待っててくれる」
コハルちゃん「はい」

★高志に電話をかける正宗
正宗「もしもし、正宗だけど、あのさ今日俺相撲大会出るんだ」
高志「相撲?」
正宗「うん」
高志「何でお前がそんなん出るの?」
正宗「父親の意地ってやつかな」
高志「よく解んないんだけど」
正宗「解んなくていいよ、とにかく報告だけしときたかったから」
高志「そうか、まー頑張れよ」
正宗「高ちゃんはどうした?彼女の事、ねぇ高ちゃん」
高志「俺もお前の事いえねえよ、中途半端で筋金入りの臆病者だ」
正宗「今日ここに来れたのはさ、高ちゃんのおかげも少しはあるんだ、だから言うけど高ちゃんは大丈夫そのままで、自分にがっかりしない?」
高志「お前に言われたくないんだけど」
正宗「だよね」
高志「まだ間に合うかな?」
正宗「間に合うよ」
高志「サンキュウ正宗」

相撲の応援に先生やはるかさんたちが来てくれた
相手は学生時代相撲のチャンピオンだという最も強い人との戦い
でも正宗くんは頑張りました
コハルちゃんの頑張れの声を聞きながら

そして結婚式場に彼女を迎えに行く高志
自分は裏切れないといって式場を後にした

★相撲大会は終ったが
正宗「ゴメンね、コハルちゃん、1回戦で負けちゃって」
コハルちゃん「正宗くん凄く格好よかったです」
正宗「土俵の外まで飛ばされたのに」
コハルちゃん「でも格好よかったです」
正宗「ありがと、あーお腹すいたね、ねぇコハルちゃん今日何食べたい?」
コハルちゃん「オムライスがいいです」
正宗「じゃ今日オムライスにしようか」
コハルちゃん「はい」

会社でコンテストに応募することを決めた
林さんに写真を見てもらうようにお願いする
先輩からは相撲はどうだったか聞かれるが負けたことを言うと
来年に向け練習しようとする

★正宗はコハルちゃんのけん玉の練習を見守っている
すると・・・
コハルちゃん「正宗くん、出来ました」
正宗「やったねコハルちゃん」
コハルちゃん「やったやった」
正宗はコハルちゃんを抱っこして喜んでました
正宗「やったね、よかったね、おめでとう」
素敵な親子の姿でした

第7話も早めにアップしますね
マイガールの着せ替えめっちゃ可愛いですね
それにしてもマグカップがまたもや売り切れ
どんなけ人気あるんだよって感じですね
我が家に届くのはいつなんだろう?


ランキング参加してます(ポチッと押してくださいね) so-go
絵文字名を入力してください ジャニーズブログランキング
絵文字名を入力してください All Johnny's Fan ランキング
絵文字名を入力してください ジャニラブランキング゙

テーマ : 相葉ちゃん - ジャンル : アイドル・芸能

22:33  |  マイガール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://masakilove1224.blog44.fc2.com/tb.php/1754-a0334ea5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。